脂漏性脱毛症の原因

脂漏性脱毛症は男性ホルモンのアンドロゲンやビタミンの代謝異常が原因とも、体質が大きく関わっているとも言われています。
過剰に分泌された皮脂が毛穴とその周辺にべったりと張りつき、そこに細菌や真菌が繁殖し、シャンプー剤やヘアケア用品の刺激物質も加わり、炎症やプツプツができる「脂漏性皮膚炎」や「脂漏性湿疹」になると考えられています。
この頭皮のトラブルによって、ヘアサイクルが乱れてしまい、十分育たない細い幼毛が多くなり薄毛になるのが脂漏性脱毛です。
ちなみに、脂漏性皮膚炎は頭だけでなく、わきの下や陰部など皮脂腺の多い部分にも起きる可能性があります。