脂漏性脱毛症の原因

脂漏性脱毛症は男性ホルモンのアンドロゲンやビタミンの代謝異常が原因とも、体質が大きく関わっているとも言われています。
過剰に分泌された皮脂が毛穴とその周辺にべったりと張りつき、そこに細菌や真菌が繁殖し、シャンプー剤やヘアケア用品の刺激物質も加わり、炎症やプツプツができる「脂漏性皮膚炎」や「脂漏性湿疹」になると考えられています。
この頭皮のトラブルによって、ヘアサイクルが乱れてしまい、十分育たない細い幼毛が多くなり薄毛になるのが脂漏性脱毛です。
ちなみに、脂漏性皮膚炎は頭だけでなく、わきの下や陰部など皮脂腺の多い部分にも起きる可能性があります。

脂漏性脱毛症の見分け方

最近毛が薄くなってきて、肉眼で見ても毛穴を皮脂がふさいでいるのがわかる状態であれば、脂漏性脱毛症を疑った方がよいですが、少々脂っぽいという程度なら脂漏性脱毛症とは違います。
薄毛の原因で一番多いタイプはAGA(男性型脱毛症)で全体の95%を占めています。ですから、薄毛だといってもこの脂漏性脱毛症である可能性はかなり低いのです。

AGA(男性型脱毛症)についてはコチラ

脂漏性脱毛症の治療と改善

明らかに皮ふに炎症を起こしているとなると、病院で治療を受けるしか手はありません。ステロイド剤や抗ヒスタミン剤など塗り薬での治療になるとは思いますが、受診すると共に自分でできることもあります。
それはシャンプー剤を変えたり、シャンプーの仕方を変えることです。低刺激のシャンプー剤を使って、すすぎはしっかりとしましょう。

薄毛改善のためのシャンプー方法はコチラ

このページを読んでいる人は次のページも読んでいます

AGA(男性型脱毛症)


テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト
詳しい情報はコチラ

円形脱毛症


テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト
詳しい情報はコチラ

粃糠性脱毛症


テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト
詳しい情報はコチラ

AGAスキンクリニック詳細


テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト
詳しい情報はコチラ