M字ハゲ、U字ハゲ、若ハゲなど薄毛のタイプ別改善方法

M字型などハゲのタイプにより違う改善方法

一言で「ハゲ」と言ってしまいがちですが、実はいろんなタイプのハゲがあります。禿げる箇所だったり、原因の違いだったりで分かれています。

まずはハゲている箇所で自分はどのタイプか下の図から見つけて、それぞれの対策方法へ進んでください。

<参考資料:これをもとにイラスト描く>
それぞれ、アルファベットのM、U、O、Aに似た形に分類できます。

M字型ハゲの特徴

剃り込みを入れたようなM字ハゲ。額の真ん中を残し、両端の生え際から薄くなっていきます。

このハゲの原因はAGA(男性型脱毛症)である場合が多く、簡単に言うと男性ホルモンの影響によるものです。
AGAは薄毛治療専門クリニックで高い確率で改善します。

AGA専門クリニックはコチラ→<AGAスキンクリニックへ

クリニックでの治療と同時に食事内容、喫煙や飲酒、睡眠不足などの生活習慣を見直すことによっても改善が期待できますので試してみましょう。

AGAについて更に詳しく→<薄毛の種類AGAページへ

U字型ハゲの特徴

両端を残し、額の真ん中からどんどん後退していくタイプのU字ハゲは、正しい頭皮ケアと生活習慣の改善で対策を。
頭皮マッサージで血流をよくしたり、美容室のヘッドスパを利用するのも効果的です。
育毛剤をつけてマッサージを行う場合は、浸透を待ってからマッサージを行うようにするといいでしょう。
地肌がべたつくタイプの方はサッパリさせようと、刺激の強いシャンプーを使い、ゴシゴシとこすり洗いをしてしまいがちですが、これは肌トラブルにつながり逆効果。地肌に優しい弱酸性タイプのシャンプー剤を使い、指頭(指の先端)で爪を立てずに、頭皮を揉むように洗いましょう。

頭皮のことを考えたシャンプーはコチラ<馬油シャンプーページへ

薄毛治療専門のクリニックには専用シャンプーがありますので、一度カウンセリングに訪れてみてはいかがでしょうか。

無料カウンセリングの薄毛治療クリニック→<AGAスキンクリニックへ

O字型ハゲの特徴

頭頂部からハゲるこのタイプは、自分ではあまり気が付かないうちに進行していることも。手鏡でたまに頭頂部チェックをすることが必要ですね。
先に紹介したU字型と併発すると、合体してあっという間に広範囲のハゲになってしまうので早期の対策が大切です。
O字ハゲもM字ハゲ同様にAGA(男性型脱毛症)である可能性が高い禿げ方です。
薄毛専門クリニックでの治療で高い改善率となっていますので、1度受診されることをおススメします。
AGA専門クリニックはコチラ→<AGAスキンクリニックへ

若ハゲの特徴

ある程度年齢がいけば「薄毛も年齢のせい」とあきらめる部分もありますが、20代で薄毛だとやはり深刻な悩みとなってしまうことも。
とりあえず隠すという選択肢もあるでしょうが、これからの長い年月を考えると何らかの改善策を試してみた方が絶対いいと思います。

若ハゲの場合はAGAのように男性ホルモンだけでなく、成長ホルモンも関係しているらしく、その結果成長期に多く発症してしまいます。
生活習慣の改善や頭皮ケアということも当然必要ですが、若さゆえに「いつになったら毛が生えるんだ!」という焦りはありますね。
最近の薄毛治療専門のクリニックでは、若ハゲの治療も行っていて、その効果のほどもかなり良好であるようです。
クリニックの治療法としては、プロペシア、ミノキシジル、ビタミン類のサプリメントや、直接頭皮に薬剤を注入するメソセラピーなどが行われています。

クリニックの治療方法について詳しくはコチラ<AGAスキンクリニックへ



「ハゲは遺伝だから治らない」と言ってあきらめてしまっている方もいるのではないでしょうか。今やハゲは治ります。悩んでいるなら、隠しているなら、今すぐ対策をはじめましょう。

病院を選んでみる