AGAが原因の薄毛は対策すれば改善できる

AGAの場合、毛根は生きているので対策をすれば確実に改善できます。
あきらめてしまう前に次の改善方法を試してみてください。

【小見出し1】
改善方法1 専門クリニックで治療
最も確実な方法は、AGA専門のクリニックで治療をすることです。無料のカウンセリングを受けるだけでも自分の薄毛はAGAかの判断もしてもらえるので、もし悩んでいたら、まずはクリニックに行くことをおすすめします。薄毛といっても皮ふの病気や円形脱毛症などAGAと異なる病気の場合もあります。
クリニックについてはコチラをご覧ください→<TOPページへリンク

【小見出し2】
改善方法2 生活習慣から改善
食事内容、喫煙や飲酒、睡眠不足なども薄毛の原因になります。
食事は偏食を避けるのはもちろんですが、特に食べた方がよいのは海藻類・いも類・緑黄色野菜・きのこ類・豆類・青魚などです。昔から言われている「ワカメは髪にいい」というのは間違いではないのですが、ワカメだけ食べればよいというものではありません。
髪にいい食品についてはコチラをご覧ください→<別ページへリンク

【小見出し3】
改善方法3 頭皮マッサージ
頭皮の血流がよくなることは発毛・育毛にとって大切なことです。しかし頭皮の下には筋肉がないので、血流は滞りがちになります。すると必要な栄養分が届けられないので、発育・育毛に支障が出てきます。なので、シャンプーの際に頭皮を動かすことを意識してマッサージしながら洗うか、または、頭皮が柔らかくなったシャンプー後にマッサージを行うのがベストです。
頭皮マッサージについてはコチラをご覧ください→<別ページ

【見出し4】
改善方法5 シャンプー選びと洗い方
シャンプーは弱酸性アミノ酸系を選び、髪を洗うのではなく頭を洗うことを目的にしましょう。頭皮には、皮脂のほか様々な汚れ(汗・フケ・化学物質・ほこりなど)が付着しています。これらが発育・育毛の妨げになっているケースが多いのでしっかり落とすために2度洗いが基本です。中には「洗い過ぎるのはよくない」という説もありますが、これは刺激の強いシャンプー剤でゴシゴシと摩擦を生じるような洗い方をしていることが原因です。また、すすぎが不十分でシャンプー・リンス・トリートメント剤が頭皮に残ってしまっていることも頭皮トラブルの原因になり、発毛・育毛に悪影響を及ぼします。
シャンプー方法について詳しくはコチラ→<別ページ

【見出し5】
改善方法4 ストレス解消・心のケア
ストレスで毛が薄くなるとか白髪が増えると言いますが、これはストレスによって自律神経のバランスが崩れ、血流が悪くなった結果、末端の頭皮まで栄養が届かなくなってしまうことによるものです。ストレスは適度に発散して溜めこまないことも薄毛治療には大切なことです。